禁煙治療

禁煙治療について

“ニコチン依存症”という病気としてとらえ、必要な治療を行なうという考え方です。治療は一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。

受診に必要なもの

保険証をご提示ください。

受付時に禁煙治療で来院された旨をお伝え下さい。問診票をお渡しいたします。

保険適応の条件

ニコチン依存症に係るスクリーニングテストで、ニコチン依存症と診断された者であること。
※スクリーニングテストって?

 簡単なアンケート形式の問診票です。受付時にお渡しいたします。

どのように治療するの?

①治療前の問診・診療
②呼気一酸化炭素濃度の測定
 呼気に含まれる、一酸化炭素濃度を測定します。測定方法は、大きく息を吸い込んだあと、

 測定機器のマウスピースをくわえて、ゆっくり息を吐き出して計測する簡単な検査です。

③診察
 禁煙実行、継続へ向けてのアドバイス。
④ニコチン製剤の処方
 必要に応じて飲み薬等の処方を致します。

 

※診察回数には個人差があります。

 

診察代のほかに別途お薬代がかかります。詳しくは調剤薬局にお問い合わせ下さい。

絶対にやめられますか?

一般的な禁煙成功率は、約30%程度と言われます。病院へ受診された方は、それなりの意思

をもって来こられるので、当院での8週後の禁煙率は80%以上になります。